Webマガジン

犬服は必要?いつ着せるのがいい?犬服の着せ方まとめ

犬服を着て寝る愛犬イメージ

犬服は必要なのか?

近年、洋服を着ているワンちゃんをよく見かけるようになりました。イラストがプリントされたつなぎや人間と同じ流行りのデザインなど、ペットもおしゃれを楽しんでいます。

しかし、そもそも犬に服は必要なのか、と疑問に思っている方もいるでしょう。中には「かわいそう」「犬は嫌なんじゃないか」と感じる方もいます。

結論から言えば、状況によって犬に洋服を着せたほうが良いケースがあります。

例えば、犬が服を着ることを明らかに嫌がっているのに無理やり着せることは良いとは言えないでしょう。その一方で、洋服には機能的な面があります。

ペットの洋服にはどのようなメリットがあるか詳しく見ていきましょう。

体温調節ができる

体温調節イメージ

犬は、体温調節が苦手です。人間は汗をかくことができますが、犬は限られた部分しか汗をかくことができません。

口を開けてハアハアと呼吸することで体温調節をしますが、人より熱い地面に近く、危険な場合があります。

そんなときに、足をやけどしないよう靴を履かせたり、身体を冷やすことができるクールウェアを着せたりすることで暑さ対策ができます。

また、洋服で寒さ対策も可能です。犬は寒さに強いイメージがありますが、犬種や子犬、シニア犬など犬によって寒さに弱いワンちゃんがいます。

犬は寒さを感じると吠えたり、震えたりします。その場合は、暖かい洋服を着せて体温調節をしてあげる必要があります。

抜け毛防止

換毛期イメージ1

犬は、抜け毛があります。特に換毛期と呼ばれる毛の生え変わりの時期はよく抜けます。毛が二重構造になっているダブルコートのワンちゃんなどは、突出して抜け毛が多いです。

チワワポメラニアンパグラブラドール・レトリーバーなどの犬種が抜けやすい傾向にあります。

そんな抜け毛を放置してしまうと、ダニが発生する可能性があるのでこまめに掃除をする必要があります。しかし、なかなか大変なのが抜け毛掃除。カーペットや飼い主の洋服などあらゆる場所に飛び散ってしまいます。

そこで、洋服を着せることで、抜け毛の飛散量を減らすことができます。

怪我や手術跡を保護

怪我・病気イメージ2

ワンちゃんが怪我をしてしまうと、どうしても傷口を舐めようとしてしまうので、エリザベスカラーなどを利用したりします。しかし、音が気になったり、外そうと暴れたりすることもあるでしょう。

そこで代用できるのが洋服です。傷口を守りつつ、行動を制限させないのでワンちゃんも過ごしやすくなります。

汚れを防ぐこともできるので清潔です。

犬服はいつ着せるのがいいの?

犬に服を着せるメリットを紹介しましたが、いつ着せるのがいいのでしょうか。

換毛期:春〜7月、秋〜11月

換毛期イメージ2

換毛は、古い毛が抜けて、新しい毛に生え替わることを指します。

換毛期が分かりやすいのはダブルコートと呼ばれる犬種です。主に春と秋の2回、生え替わります。もう一方のシングルコートのワンちゃんは、徐々に生え替わっていきます。

ダブルコートの犬であれば、換毛期の季節に洋服を着せてあげることで抜け毛の飛散を防ぐことができます。

ただし室内で飼っている場合、気温の変化を感じにくく換毛期がズレたり、うまく行われなかったりするケースがあります。

愛犬の様子を見て着せてあげると良いでしょう。

10度以下なら様子をみる

犬は寒さに強いと思う方が多いですが、犬種によってさまざまです。

寒い地域で生まれたハスキーなどは寒さに強いですが、チワワやダックスフントなどの小型犬は寒がりです。自分の愛犬が寒さに強い犬種なのか、適温は何度くらいなのか確認しておきましょう。

また室内犬の場合、気温変化に慣れておらず、寒さに対応できないケースがあるので注意が必要です。

気温が10度以下になれば寒いと感じる犬が多いです。そういった場合、暖かい服を着せてあげることで防寒対策になります。

散歩に出るときや、室内で寒さ対策ができないときなどに、洋服で体温調節をしてあげましょう。

暑い夏には熱中症対策

熱中症対策イメージ

暑い夏に服を着せてもいいの?と思う方がいますが、夏こそ体温を下げる専用のウェアを着せてあげましょう。

特にお散歩中は、人間より地面に近く、ワンちゃんは熱さを感じやすいのです。そこで、水で濡らしてひんやりする服や、反射熱を服でカバーするなどクールウェアを着せましょう。

さまざまなクールウェアがあるので、愛犬に合った服を選んでみてください。

犬服を着せる上で注意する点

ワンちゃんによっては、服を着ることを嫌がる場合があります。今まで着ることがなかったのであれば仕方がないことです。

服を着せる時に注意する点をまとめました。

無理やり着せることはしない

慣れていない犬は、服を着せると嫌がって暴れることもあるでしょう。

そういった状態で無理に服を着せるのはよくありません。無理やり着せてしまうと、洋服のことをさらに嫌いになってしまう可能性があります。

ワンちゃんに服を着せる時は、徐々に洋服への違和感をなくしていくことが大切です。服を着たら褒めてあげたり、おやつをあげたりする方法を試してみましょう。

長時間は服を着せない

洋服を長い時間着せるのはやめておきましょう。毛玉ができたり、蒸れから炎症を起こしたりする可能性があります。

お出かけのときや、気候に合わせてなどワンちゃんの様子を見ながら洋服を着せます。

家の中で着せる場合は、サイズが大きくゆとりをつくってあげることが大切です。素材に気をつけて洋服を選ぶのも良いでしょう。

まとめ

ワンちゃんに洋服は必要なのか、いつ着せるのがいいかをまとめました。

本来、犬は服を着ないものです。そのことから犬に服を着せるのはかわいそうなこと、嫌なこと、と思う方が多いです。

しかし、気候変化や室内犬など、ワンちゃんの環境は常に変化しています。現在は、人がワンちゃんの体温調節を行ってあげる必要があるでしょう。

特にいつも室内で過ごしている犬は、犬種に限らず体温調節が苦手になっている場合が多いです。人と同じように暮らすワンちゃんだからこそ、洋服を着せてあげる選択肢を広げてみてはいかがでしょうか。

最近では、機能性とともにデザイン性に優れた洋服が豊富に販売されています。流行りのデザインや飼い主とのペアルックなど、今までになかった犬服を見つけることができるでしょう。

おすすめ記事

-Webマガジン

© 2021 キットグループ合同会社